消臭アイテムの選び方からお得に購入できる方法まで

体臭の原因となる食べ物って何があるの?

投稿日:2017年2月18日 更新日:

体臭ってなぜ臭くなるのでしょう?

 

普段わたしたちが何気なく口にしている食べ物が、自分の嫌いな体臭を作り出しているとしたら・・

と思いますよね。

 

そしてそのにおい、周りにバレているとしたら・・・

 

 

ますくマン
はかせまん、いつも食べている物と体臭って何か関係あるんでしょうか?
博士マン
実は食べ物と体臭には深い関係があるのじゃ
ますくマン
あ〜やっぱり食べ物も体臭に影響するんですね。
博士マン
そうじゃ。今回は「体臭の原因となる食べ物」や「消化される過程で体臭に繋がる内容」について紹介していこう

体臭の原因と食べ物の関連性とは

体臭の原因となっているのは主に汗腺から発せられるです。

 

汗が分泌される場所は皮脂汗腺・エクリン汗腺・アポクリン汗腺の主に3つ

 

この汗腺から出る汗が、皮膚にいる皮膚常在菌によって分解(酸化)され、悪臭へ変化し体臭へ変わってきます。

 

では、食べ物がなぜ体臭(悪臭)の強さと繋がってくるのでしょうか?

 

それは食べ物が消化される過程に原因がありました。

食べ物が消化され体臭になる過程

食べ物は消化器官により分解・消化され、血液やリンパに取り込まれ吸収に至ります。また、口から入って排泄されるまで、大まかに以下のような過程を辿ります。

 

食べ物が排泄されるまで

口→食道→胃→小腸→大腸→排泄

 

食べ物が正常に消化・吸収されればそこまで体臭は強くなりません。

 

しかし、消化・吸収に至る過程で内蔵の働きが弱っていると体臭や口臭の原因と繋がってきます。

 

体臭の原因その1:胃での消化不良

胃液にはタンパク質の分解酵素や塩酸が含まれていて、タンパク質をペプチドに変換させたりカルシウムを水溶液にかえる働きがあります。

 

しかし胃の働きが弱まっていると、胃の中で消化不良を起こし卵が腐ったような臭いを発するようになります

その成分が腸に吸収されてしまうことで体臭を発生させる要因に繋がってきます。

 

体臭の原因その2:小腸での消化・吸収不良

小腸では腸液が分泌され、さらに酵素によって食べ物が「アミノ酸・ブドウ糖・脂肪酸」に変化し体内へ吸収されます。(小腸での栄養の吸収率は約80〜90%)

 

小腸には栄養分を吸収する絨毛(じゅうもう)という器官があり、

なんとその表面積はおよそテニスコート2面分。

 

そして絨毛の中にも血管(毛細血管)が通っており、そこから栄養分を吸収しています。

 

しかし、脂分の多い食事や添加物の多い食べ物などを摂取することで、

 絨毛の間にカスが溜まり腐敗 

 その成分が体内へ吸収され体臭や口臭へ

繋がってしまうのです。

 

ますくマン
腸のなかで食べ物のカスって溜まるんですね。
 

博士マン
そのカスが次第に血液に吸収されてしまい、体臭や口臭の原因へつながってしまうんじゃ。ますくまんも誰かに迷惑かけているかもしれんぞ。そう、それはワシ・・
ますくマン
ええwwwマジっすかw
博士マン
いやいや冗談じゃよ。(ほんとだけど)

次のページへ >



-体臭の原因とは
-, ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.