消臭アイテムの選び方からお得に購入できる方法まで

ストレスで頭が臭い原因は男性ホルモン!知らないとアナタの一生を左右する?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

毎日ストレスで もだえていませんか??

それ、頭をクサくしています。さらにその臭い、

周囲の人にバレてます

よく話すパート先の女の先輩の頭から加齢臭みたいな匂いがする時があります。

その先輩は40代で、不潔ってこともないと思います。絶対に本人には言えませんが、隣の席でものを落とした時とか、かがむとすごく臭いんです。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10167319460?

 

このセンパイもストレスから頭の臭いが強くなっている可能性が高く、周りに迷惑をかけていることに気付いていません。

 

しかしなぜストレスで頭が臭くなるのでしょうか?

 

そこで今回は「ストレスと頭の臭いの原因・男性ホルモン」についてご紹介していきます。

ストレスで頭が臭くなる原因は?

先にストレスで頭が臭くなる原因につきまして。ズバリ

 

ストレスによってホルモンバランスが乱れ

皮脂分泌が過剰になってしまうから

 

です。

 

ますくマン
ストレスでホルモンバランスが乱れて、皮脂が異常分泌されちゃうんだ。でも男性ホルモンと一体なんの関係が・・

 

では「皮脂・男性ホルモン・臭いの関係性」についてご説明致します。

 

皮脂と臭いの関係

先ずは「皮脂」と「臭い」の関係性につきまして。

 

「皮脂」は頭皮を紫外線などから保護する役目で分泌されています。

 

もうちょっと詳細をお話すると、毛穴の毛包部分に「皮脂腺」という袋があり、毛の根元部分から分泌され体毛自体を※薄い膜状で包みこみます。

※皮膚上に分泌された皮脂は皮膚常在菌によって分解され脂肪酸が発生。その脂肪酸により皮膚表面は弱酸性となり病原菌や紫外線から肌が守られています。

 

この薄い膜で皮膚が守られている正常な状態では、頭皮のニオイが強くはなりません

 

しかし、「ストレスがきっかけ」で皮脂の分泌が異常になると皮膚常在菌が増殖

 

菌により皮脂を分解する量も増加し、脂肪酸が増える」ことで悪臭へと変わってしまうのです。

 

皮脂が増えれば皮膚常在菌が増え結果、脂肪酸も増大し悪臭へ繋がってしまいます。

 

皮脂量が多くなれば、臭いも強くなる。

よって皮脂が多ければ体臭(臭い)が強くなる=比例関係にあるということです。

 

ますくマン
皮脂と臭いの関係って比例しちゃうのか・・く、くさい(*_*;

 

ストレスと頭の臭いと男性ホルモン

「頭の臭い」は先述した皮脂が菌に分解されることで発生することが分かりました。

 

ではストレスが頭の臭いを強くする背景って一体何なのでしょうか?

 

実はストレスは皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があります。そしてその皮脂分泌を促しているのが男性ホルモンなのです。

 

もう少し掘り下げてお話します。

 

まず人間はストレスを受けると、恒常性(バランスの良い状態)を保つために「コルチゾール」というホルモンを分泌します

「コルチゾール」は糖代謝やたんぱく代謝、脂質・骨代謝など生命維持に不可欠なホルモンです。

 

しかしストレスによりコルチゾールの分泌量が増えることで、善玉男性ホルモンを減らし悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の分泌を促します

  1. 善玉男性ホルモン:テストステロン
  2. 悪玉男性ホルモン:ジヒドロテストステロン

 

同じ男性ホルモンなのですが、それぞれの働きは全く違います。

 

テストステロン

主に男性らしさを作り出す男性ホルモン。髭・筋力・抗肥満作用・記憶力向上・寿命延長作用など、ポジティブな作用をもたらします。

 ジヒドロテストステロン

”テストステロン”に5αリダクターゼという酵素が結びつき生成される男性ホルモン。毛母細胞の働きを低下させ、皮脂腺を活性化するネガティブな作用をもたらします。

 

 

ますくマン
へ〜!同じ男性ホルモンでも、こんなに働きが違うんだね!

 

ストレスによって「※コルチゾールが大量に分泌される」ことで、悪性のジヒドロテストステロンが分泌され皮脂腺を活性化→皮脂分泌が増加してしまうのです。

 

※コルチゾールの1日の平均分泌量は20mg。

しかし、最大のストレス下では200〜300mgとおよそ10倍以上の分泌があります。

参照元:http://hobab.fc2web.com/sub4-Steroid.htm

 

ますくマン
ストレスによって悪性の男性ホルモンが分泌されて、皮脂分泌が過剰になっちゃうのか〜・・ストレスコワイ

 

悪性男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の分泌が多いことは薄毛や性欲減少、判断力低下、筋力低下などネガティブな作用を起こしやすくなります。

 

それこそ一生を左右してしまうことになりかねません。

 

ではこの悪性の男性ホルモンを抑制するにはどうすれば良いのでしょうか?

次のページへ >



-頭が臭い!
-, , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.