消臭アイテムの選び方からお得に購入できる方法まで

足が納豆臭い原因は宇宙空間でも生きられる◯◯菌!?対策なんてあるのか・・

投稿日:2017年5月17日 更新日:

ふと自分の足が納豆くさいことってないですか?

 

 

結構強烈ににおうネットリしたあのニオイ・・

 

意図もせず足から臭ってくるんですよね。

ぽわわわ〜んむわわわ〜んって・・

 

 

しかしそのにおい、周りの人は

分かってます

そしてむせています

特に公共の移動手段を使っていると、どうしても知らない人と至近距離になってしまう時がありますよね。

 

でも周りの人は足が納豆くさいな〜と気づいてても言ってはくれません。ただ嫌悪感を撒き散らしながら離れ去っていくだけです。

そんな「意図しない悪臭」を漂わせ嫌われてしまうその前に、足が納豆クサイ原因・対策を練っていきましょう。

 

しかし納豆の納豆クサイ原因がまさか⭕⭕菌だったとは・・

スポンサーリンク

足が納豆クサイ!原因を作り出しているのはアノ菌!?対策なんてあるの??

まず納豆が納豆クサイ原因。それは納豆菌です。

 

ますくマン
え?納豆が納豆くさいのは納豆菌って当たり前じゃないの?
博士マン
まてまて。ここからが大事なんじゃ。

 

この納豆菌、枯草菌(こそうきん)と呼ばれる常在菌の一種でありその正体は真性細菌。

 

あのにおいの原因はその枯草菌がタンパク質を分解してアンモニア臭を作り出し、それが納豆のにおいを作り出しているのです。

 

ますくマン
ふんふん。それと足の納豆くさいのと何が関係あるの?
博士マン
実は「足の納豆臭と納豆のにおいは同じ成分」なんじゃよ
ますくマン
えwwwww
博士マン
ふふふ。説明しよう。

 

足が納豆くさい原因は納豆のニオイと同じ成分!?

足が納豆くさい。そのにおいの原因はズバリ

 

イソ吉草酸です。

 

イソ吉草酸は「表皮ブドウ球菌」や「コリネバクテリウム」という皮膚常在菌に、皮脂や汗が分解され分泌される特定悪臭物質のこと

 

イソ吉草酸のにおいの特徴としては

 

 チーズの腐ったようなにおい

 靴下の蒸れたようなにおい

 納豆のようなにおい

 

3つめの「納豆のようなにおい」については、厳密に言うと

 

「イソ吉草酸=納豆のにおい」

 

そのものなんです。

 

「イソ吉草酸」は納豆の製造過程で自然発生するものなんですね。

 

納豆は大豆に「バチルスナットウ菌」を与えて発酵させ作られます。

 

そしてその大豆が劣化した糖質やアミノ酸からは

 

 イソ吉草酸

 硫化水素

 メルカプタン等

 

が発生します。

そうです。納豆から見事にイソ吉草酸が発生しています。

 

ここまでをまとめると「イソ吉草酸」は

 

納豆のにおいの成分

であり、

足の納豆のにおいの成分

 

ということです。

 

ますくマン
うわ〜そういうことか〜うわあ・・・(足ナメたら納豆みたいな味するのかな・・おえええぇぇぇ)
博士マン
イソ吉草酸の凄さはそれだけではないぞ。

 

イソ吉草酸は国で規定された悪臭成分

イソ吉草酸は少量でも悪臭と判断されています。

 

環境省では平成元年10月13日に「イソ吉草酸」を悪臭防止法第2条に定めています。

悪臭防止法第2条に定める悪臭物質として新たにプロピオン酸、ノルマル酪酸、ノルマル吉草酸及びイソ吉草酸の4物質を追加指定したものである。

引用元:http://www.env.go.jp/hourei/10/000010.html

 

特定悪臭物質としてごく微量でも悪臭として認知されるイソ吉草

 

足の納豆臭が周りの人に嫌われるのはこのためです。

 

だがしかし

 

本当に恐ろしいのはイソ吉草酸ではなかったんです・・

 

宇宙空間でも生き延びられる菌もイソ吉草酸を生み出している!

足が納豆臭いことに関わる恐ろしい菌。

 

それは

枯草菌

です。

 

ますくマン
ん??枯草菌って、納豆を製造する過程で人間が意図的に付着させるものなんじゃないの?
博士マン
枯草菌は人間が作り出しているものではない。枯草菌は自然に生息するものなんじゃ。

 

枯草菌は実は土や植物、動物や人間の胃腸管にも存在するんです。さらに空気中にも飛んでいる空中雑菌でもあります。

 

枯草菌(こそうきん)は、土壌や植物に普遍的に存在し、反芻動物やヒトの胃腸管に存在するグラム陽性の カタラーゼ陽性の真正細菌である。

0.7-0.8 × 2-3 µmの大きさの好気性のグラム陽性桿菌である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/枯草菌

 

ますくマン
ということは、枯草菌も人間に沢山くっついているっていうこと?
博士マン
そういうこと。

 

枯草菌は皮膚常在菌などと一緒で皮膚にくっついています。

 

そして黄色ブドウ球菌と一緒にイソ吉草酸を生み出している要因の1つでもあるんです。

 

驚愕なのは枯草菌の生命力 

 

  • 栄養源なしで100万年以上生きると推測されている。
  • 100ºCで煮沸しても死なない
  • 人間の致死量のおよそ3000倍のガンマ線量(1万グレイ以上)を照射されても生き残る。
  • 紫外線にも強い。
  • 超真空にも耐えられる

引用元:http://horikawad.hatenadiary.com/entry/20111101/1320152177

 

枯草菌は地球上でなくても生きていける菌なんです。

 

栄養源なしでも100万年以上生きれる。

100℃で煮沸しても死なない。

 紫外線につよくてガンマ線浴びても死なない。

好気性だけど真空でもOK。

 

ますくマン
こ、これが宇宙空間でも生きられる菌の生命力・・恐ろしい
博士マン
枯草菌は芽胞を形成し、その形態になったとき外部DNAを取り込み自己ゲノムと相互組み換えすることが可能なんじゃ。
ますくマン
よくわかんないけど、環境に応じたDNAを自分のものにして「変身して耐久性を上げられる」ってことですか?
博士マン
まあそういうことじゃな。

 

その菌が足の納豆、イソ吉草酸を生み出している・・

 

とすれば一体どう対処すれば良いのでしょうか?

次のページへ >



-足のニオイ対策!
-,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.